特殊清掃は過酷で辛いと聞きます。その度合いを知りたいのですが?

特殊清掃のこぼれ話

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
特殊清掃の辛さ、その度合いについて。辛いとはいえブラック企業とは本質が違います。チームワークに支えられる仕事です。
特殊清掃のこぼれ話のメイン画像

特殊清掃は過酷で辛いと聞きます。その度合いを知りたいのですが?

特殊清掃業はたしかに辛い職業です。

しかしブラック企業で良く聞くような理不尽なノルマやイジメはありません。

自分との闘いに辛さのハードルがあります。

★肉体的な辛さより、精神的な辛さとの闘い。

特殊清掃は遺体や死体の痕をきれいに片付ける仕事です。

第1に、腐敗臭やよどんだ生活臭との闘いが待っています。

次に腐敗した遺体の痕を片付ける仕事が待っています。

ウジ虫が湧いていたり、皮膚片が床にこびりついていたり~。

浴槽で亡くなられた方の痕には、肉片が湯面に浮いていて、それをスクって片付けることもあります。

過酷というより、言葉をなくす精神的に辛い仕事です。

★ブラック企業とは本質が違う特殊清掃業。

第1関門は、先にお話ししたような現場に耐えられるかどうかです。

ブラック企業は心身共に過酷で、最後は精神が蝕まれることも少なくありません。

しかし特殊清掃にそのようなことはありません。

他からの抑圧ではなく、自分との闘いです。

しかしそうは言っても、数人のチームで現場に入るので、お互いにカバーし合って現場に慣れていくという前向きなプロセスがあります。

★特殊清掃の仕事は、チームワークです。

仲間に支えられ、現場に慣れれば過酷さは切り抜けられます。

特殊清掃の過酷さの度合いといっても、ブラック企業とは本質が違います。

自ら現場に臨んで、耐えられなければ辞めればいいだけです。

理不尽なノルマもなければ、新人をいじめるような環境でもないので安心できます。

仲間のチームワークが助けになります。

Copyright www.fan2foot.net.